京都市内で水道修理を行うには

水道には浄水施設から一般家庭の敷地内までの上水道と、一般家庭から下水処理場への下水道があります。道路側で行われる大掛かりな工事は自治体が行いますが、敷地内の工事や水道修理は敷地の所有者が依頼して行います。水漏れや排水管の詰まりなどの修理を依頼する際には、自治体の指定を受けた事業者に依頼する必要があります。指定事業者とは各地域にある水道局から、適正な工事が行えると認められた水道工事店のことです。

国家資格を持つ技術者や工事に必要な機械機器を所有している等の条件を満たし、不誠実な業務は行わないと約束している工事店です。京都市内で水道修理や工事を行うためには、京都市上下水道局に申請を行い認められた工事店の中から選び依頼する必要があります。京都市上下水道局の指定を受けていない事業者に水道修理を依頼して工事を行うと、後でトラブルになる可能性があります。各地域の自治体によって異なりますが、法律違反として給水を止められる場合もあるので注意してください。

一般家庭の台所の蛇口の部品を交換するなどの作業は、自分で行っても問題はありません。蛇口のパッキンやカートリッジなので部品はホームセンターなどで購入が可能で、交換作業も簡単に行えます。しかし水道管自体の交換など、配管を伴う作業は指定事業者に依頼した方が安全です。自治体の指定を受けている工事店に依頼すれば後でトラブルが起こることもなく、確実に水漏れなどの修理が行えます。

京都の水道修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *