格安スマホとはどのような意味か - ソフトバンク回線が利用できる格安スマホの再評価

格安スマホとはどのような意味か

格安スマホとは端末の価格が安いという意味ではなく格安SIMを使うスマホのことであり、三大キャリア以外の通信事業者を利用します。

使える端末が指定されているものだけでなく、自分で使いたいスマホとサービス内容で気に入った格安SIMを別々に選んで組み合わせることもできますが、これらを一括りにして格安スマホと呼ぶのが一般的です。
スマホと格安SIMを別々に選ぶ場合に注意が必要となるのが端末がその事業者に対応しているかであり、格安スマホでは三大キャリアの通信設備を借りているため、この影響で使える端末に制限が出ます。例えば借りている設備がドコモであればドコモで取り扱っている端末は基本的に対応していますが、auやソフトバンクの端末は使えません。



そのため、対応機種を確認しなければなりませんが、どの事業者でも使えるSIMフリーと呼ばれる端末もあります。



三大キャリアの場合は自分が使わない機能までセットにされていることが多いのであまり使わない人は無駄が多くなりますが、格安スマホでは細かく選べるようになっているので不要なものは外していけば料金を抑えられるのがメリットです。



ただし、適切なプランを選べないと高くなってしまうケースもあるので自分の利用状況を把握しておきましょう。また、通信設備を借りる、店舗を持たない、サポートを簡易化するなどで費用の削減を行っているので、同じような利用でも三大キャリアよりも安くなります。

top