格安スマホの仕組みを理解して契約してみましょう

大手携帯電話の利用料が毎月高いと感じている場合に利用をおすすめしたいのが格安スマホであり、仕組みを理解してから契約すれば確実にお得に使いこなせる事が出来ます。

格安スマホに対する期待が寄せられています。

格安スマホは、通話SIM(基本料・通話時間に比例した通話料金が必要)・データSIM・SMS付きデータSIM(データSIMより120円〜150円程度割高)の3種類が存在し、通話SIMは通話と通信を1台にまとめたい場合・データSIMに関してはタブレット・ルーター・データ専用スマートフォンとして契約するのが一般的です。

大手携帯電話のフィーチャーフォンを通話用・スマートフォンをデータ専用に持っておく2台持ちをするユーザーも多くいます。

SMSに関しては、一部のネットサービスで必須になっている事が多く、スマートフォンでお小遣い稼ぎをしている場合は契約しておきましょう。


格安スマホを契約出来る店舗は、家電量販店やショッピングコーナーの格安スマホコーナーが最近増えている事から、初めてのスマートフォン契約の場としておすすめで、契約や端末利用で分からない事を聞けるので、ITに詳しくない方でも緊張する事なく利用出来ます。



初めてのスマートフォン契約でおすすめのプランは、音声通話SIM・高速データ通信3GBがセットになったものであり、1ヶ月使って自分に合っていないと感じた場合は、1か月に1度データ容量を変更する事が可能です。
容量変更は、マイページ・格安スマホが提供するアプリから行えるので、数分で手続きを終えられます。



top